ご来場のみなさまへ


H.C.R.2014 会期速報

H.C.R.2014会期速報詳細
月日 来場者数 天気 累計来場者数
10月1日(水) 40,678人 くもりときどき雨
10月2日(木) 44,998人 くもりときどき雨 85,676人
10月3日(金) 41,975人 はれ 127,651人

第41回国際福祉機器展 H.C.R.2014 御礼

H.C.R.2014最終日の来場者は41,975人、3日間合計127,651人となりました。

 第41回国際福祉機器展H.C.R.2014にご来場、ご出展いただきました皆様、そして企画と開催運営にご協力いただきました福祉、介護、医療関係者の皆様に、心よりお礼と感謝を申しあげます。

 次回、第42回国際福祉機器展 H.C.R. 2015は、平成27年10月7日(水)〜9日(金)にかけて、東京ビッグサイトにて開催いたします。

 本会では、本展示会をもとに今後も福祉機器の開発と普及に向けさらに努めてまいりますので、引き続き、関係各位のご協力、ご参加をよろしくお願い申しあげます。

H.C.R.2014 3日間来場者割合


次回開催:第42回国際福祉機器展 H.C.R.2015
会  期 2015年(平成27年)10月7日(水)〜9日(金)
会  場 東京ビッグサイト東展示ホール

初日 10月1日(水)
第41回国際福祉機器展H.C.R.2014 本日開幕!
 本日H.C.R.2014がついに開幕しました。今年は15か国1地域から585社(国内530社、海外55社)が出展。各出展社は例年以上にブース面積を拡大し、昨年をさらに超える規模でご来場の皆様をお迎えしています。
 初日の来場者数は40,678人と多くの皆様にご来場いただきました。来場者、出展社ともにH.C.R.史上最大の盛り上がりを見せ、アジア最大の福祉機器展は今年も多くの人の熱気と興奮に包まれています。会期は10/3(金)までの3日間です。
 
出展社一覧はこちらから 会場案内図はこちらから
 
場外看板 入場登録所
ホール内風景1 ホール内風景2

 
H.C.R.2014オープニングセレモニー
 東京ビッグサイト東2ホール前ガレリアにて、H.C.R.オープニングセレモニーを開催。
壇上には、全国社会福祉協議会 斎藤十朗会長、保健福祉広報協会 井康行理事長、海外コーディネーターのトム・ボーチャーディング氏、ベン・アポロ・ラスムンセン氏などが列席。 H.C.R.のオープン前から会場に詰めかけた多くの来場者の皆様が見守る中、開会式の終了とともに会場の幕が開き、今年のH.C.R.がスタートしました。
 
斎藤会長あいさつ くすだまオープン(檀上者全員)

 
H.C.R.15回出展社への感謝状贈呈式
 本日午前11:00より、東2ホール前ガレリアにおいて今回で15回の出展となる企業の皆様への感謝状・記念品の贈呈を行いました。今年は海外1社、国内11社が15回目の出展を迎え、主催の保健福祉広報協会 井康行理事長より直接、感謝状を贈呈いたしました。
 
【海外】1社
 ・Etac AB (Sweden)
 
【国内】11社
 ・アキレス(株)
 ・(株)島製作所
 ・住宅防火対策推進協議会
 ・(株)シロクマ
 ・シンテックス(株)
 ・(株)スギヤス
 ・(株)スワニー
 ・トーエイライト(株)
 ・(株)ニッシン自動車工業
 ・ピーエス(株)
 ・(株)ムーンスター
 
感謝状贈呈場面 全体記念撮影

 
特設会場
特設会場の内容はこちらから
 
「福祉機器開発最前線」
 今年の福祉機器開発最前線は、厚生労働省、経済産業省の協力を得て、両省が開発・導入を支援している最新の福祉機器12社14製品を展示・紹介。 開発中のため、他ではなかなか見ることができない福祉機器も数多く展示しています。会場には未来の福祉機器を一目見ようと多くの方にご来場いただきました。
 
最前線1 最前線2

「旅を楽しむ『10のコツ!』と便利なグッズ展」
 高齢者・障害者の日常生活に役立つ便利なグッズを紹介する本コーナー。今年は「旅」をテーマに便利なグッズを多数取り揃えて紹介しています。
 
旅を楽しむ1 旅を楽しむ2
旅を楽しむ3 旅を楽しむ4

「ふくしの相談コーナー」「被災地応援コーナー」
 「ふくしの相談コーナー」(東3ホール特設会場A)では今年も無料で福祉機器の利用に関する相談、自助具に関する相談を受け付けています。 それぞれ「日本作業療法士協会」、「大阪府肢体不自由者協会大肢協ボランティアグループ自助具の部屋」の専門家が、HCR来場者の日頃の悩みにお答えします。
「被災地応援コーナー」(東4ホール小間番号4-08-05)は東日本大震災の被災地である東北3県(岩手県、宮城県、福島県)のセルプ製品(障害者福祉施設製品)を販売しています。 セルプ製品の売り上げは障害者の方々の収入につながります。ご来場の際にはぜひ被災地の障害者への支援にご協力をお願いします。
 
ふくしの相談コーナー 被災地応援コーナー
 
 
出展社プレゼンテーションを連日開催
 出展社が独自に企画・運営する「出展社プレゼンテーション」を、今年も東ホール内の1F・2F あわせて7会場にて連日開催しています。 今年は57社、全62プログラムを予定。新製品の紹介や開発の経緯など、福祉機器企業関係者から直接話を聞くことができるまたとない機会です。
 
出展社プレゼンテーションプログラムはこちらから
 
プレゼンテーション1 プレゼンテーション2

 
H.C.R.セミナー
 東京ビッグサイト会議棟6Fでは、H.C.R.セミナー2014を開催しています。 本日は「高齢者の住まいについて〜基礎知識と選び方」、「福祉施設の実践事例発表〜役立つ活かせる工夫とアイデア」を開催し、福祉施設関係者をはじめとした多くの来場者にご参加いただきました。
 また、東3ホール内特設ステージでは、高齢者の料理講座「高齢者むけの手軽な日々の食事」を開催。惣菜やレトルト食品、缶詰などを利用し、高齢者世帯や一人暮らしでも栄養バランスを考慮した手軽な料理メニューを実演とともに紹介しています。
 H.C.R.セミナーの内容はこちらから
 
料理講座写真1 料理講座写真2
セミナー風景1 セミナー風景2

 
このページのトップへ
2日目 10月2日(木)
44,998人来場!H.C.R.2日目も大盛況開催中!
 H.C.R.2014、2日目の本日も多くの皆様にご来場いただきました。会場内では、年に一度のこの機会にさまざまな情報を入手しようと、熱心に製品の説明を聞く来場者の方々、車いすなどの試乗・試用を行う方々も多く、さらなる盛り上がりを見せています。
 
出展社一覧はこちらから  会場案内図はこちらから
 
ホール内風景 ホール内風景
ホール内風景 ホール内風景

 
国際シンポジウム「ヨーロッパ諸国における認知症政策の現状をふまえ、課題に挑む」を開催!
 国際シンポジウムは、現在深刻な課題となっている「認知症」をテーマに取り上げ、多くの皆様にご参加いただきました。会場内は定員を超えるほどの満員盛況のなか、弁護士で元厚生労働事務次官の近藤純五郎氏の進行により、オックスフォード大学のジョージ.W. リースン氏、浴風会ケアスクール校長の服部安子氏からそれぞれ認知症に関する制度・施策についての現状や課題を紹介、会場からも活発な質問や意見が出されました。
 
国際シンポジウムの内容はこちらから
 
シンポジウム1 シンポジウム2
シンポジウム3 シンポジウム4

 
「はじめての福祉機器 選び方・使い方セミナー」
 これから福祉機器をご利用になる方、福祉施設や福祉機器取扱企業の方向けに、福祉機器の選び方・使い方に関する基礎的な内容を中心としたセミナーを開催しています。
 実際にステージ上で福祉機器を用いた使い方の実演を交えながら、初心者の方にもわかりやすく説明を行います。
 本日は、「ベッド」「リフト」などの選び方・使い方セミナーを開催しました。明日は「コミュニケーション機器」「福祉車両」「自助具」についてご紹介します。
 
選び方1 選び方2

 
「子ども広場」
 広い展示会場内でも、簡単に子ども向けの福祉機器を見つけることができる「子ども広場」。お子様連れのご家族も多く来場して、実際に体験したり、保育士スタッフに子育てについて相談する場面も見られました。
 また、新企画「発達障害のある子どもの安全対策ひと工夫コーナー」も好評で、明日も13:00〜15:00の時間帯に専門職が相談に応じます。
 
特設会場の内容はこちらから
 
子ども1 子ども2

 
「アルテク講座2014」
 アルテク講座には、今年も定員を超えるほどの多くの方にご参加いただいています。障害のある方が、スマホやタブレットなどの身近にあるテクノロジー(アルテク)を使って行うことのできる様々な機能をご紹介します。
 
特設会場の内容はこちらから
 
アルテク1 アルテク2

 
出展社プレゼンテーション
 開催2日目の本日も、各出展社がそれぞれ多彩なプログラムを実施。プレゼンテーション終了後には、出展社の方と個別に相談されている来場者の方も多く見られます。 明日の最終日も19社21プログラムとまだまだ多くのプログラムを開催予定です。ぜひご来場ください。
 
出展社プレゼンテーションプログラムはこちらから
 
プレゼン1 プレゼン2

 
このページのトップへ
最終日 10月3日(金)
H.C.R.2014 閉幕!
 本日の来場者数は41,975人、3日間合計で127,651人となり、前年よりも6,607人の増となりました。
最終日も多くの皆様にご来場いただき、各出展ブースでは、福祉機器についての質問や相談、デモによる製品紹介などを熱心に聞き入っている姿も多くみられました。
 
閉幕1 閉幕2
閉幕3 閉幕4

 
特設ステージ(特設会場A)では連日の福祉機器開発最前線デモ、料理講座に多くの来場者集まる。
 ホール内の特設ステージでは、注目の最新福祉機器を紹介する「福祉機器開発最前線」のデモンストレーション、高齢者むけの料理講座を引き続き開催し、注目を浴びていました。
 
特設会場の内容はこちらから
 
ステージ1 ステージ2

 
子ども広場で車いすトレーニングイベントを開催
 最終日の子ども広場では、子ども向け車いすのトレーニングイベントを開催。出展社の皆様のご協力のもとさまざまなタイプの車いすをご用意し、会場に集まった子どもたちは専門家から指導を受けながら、楽しく乗りこなしていました。
 
特設会場の内容はこちらから
 
子ども1 子ども2

 
H.C.R.セミナーを開催
 本日のセミナーは「福祉施設における感染症の知識と対応」「社会福祉施設等を元気にする生物資源の活用」を開催しました。各会場とも福祉施設関係者を中心に多くの皆様にご参加いただきました。
 
H.C.R.セミナーの内容はこちらから
 
セミナー1 セミナー2

 
出展社プレゼンテーション最終日
 本日の出展社プレゼンテーションは7会場で21プログラムが開催されました。会期中3日間、連日にわたって出展企業・団体よりプレゼンテーションが行われ、今年も多くの皆様にご参加いただきました。ご協力いただきました出展社の皆様には厚くお礼申しあげます。
 
出展社プレゼンテーションプログラムはこちらから
 
プレゼン1 プレゼン2

 

H.C.R.2015 H.C.R.2014 H.C.R.2013
H.C.R.2012 H.C.R.2011 H.C.R.2010

このページのトップへ

Copyright 2016 Health and Welfare Information Association All rights reserved.

一般財団法人保険福祉広報協会 Health and Welfare Information Association