文字サイズ

開催要項

第44回 国際福祉機器展 H.C.R. 2017 開催要項

主催 全国社会福祉協議会 保健福祉広報協会
後援(予定) 厚生労働省 経済産業省 総務省 国土交通省 東京都 海外参加国大使館(予定、順不同)
協賛(予定)
(順不同)
NHK厚生文化事業団、読売光と愛の事業団、毎日新聞東京社会事業団、産経新聞厚生 文化事業団、日本経済新聞社、東京新聞、東京新聞社会事業団、朝日新聞厚生文化事 業団、福祉新聞社、日本赤十字社、福祉医療機構、鉄道弘済会、東京都社会福祉協議 会、全国心身障害児福祉財団、長寿社会開発センター、シルバーサービス振興会、テク ノエイド協会、日本理学療法士協会、日本作業療法士協会、日本アビリティーズ協会、 日本障害者リハビリテーション協会、日本リハビリテーション医学会、新エネルギ ー・産業技術総合開発機構、みずほ教育福祉財団、キリン福祉財団、清水基金、みず ほ福祉助成財団、松翁会、丸紅基金、三菱財団、損保ジャパン日本興亜福祉財団、中 小企業基盤整備機構(順不同)
期日 平成29年9月27日(水)~9月29日(金) 【3日間】
開場時間 27日(水)~28日(木):午前10時 ~ 午後5時30分、29日(金):午前10時 ~ 午後4時
会場 東京国際展示場「東京ビッグサイト」東展示ホール (東京都江東区有明3-11-1)
会場規模 51,380m²
入場料 無料(登録制:事前もしくは当日)
出展社数

550社(見込み) 【国内企業500社、海外企業50社】 出展の概要と申込方法

  ≫≫H.C.R. 2016出展社一覧≪≪

入場者数 12万人(見込み)
【主な来場者】
ケアマネジャー、ホームヘルパー、福祉施設職員、福祉団体・ボランティア関係者、医師、看護師、 PT、 OT、保育士、建築・設計関係者、製造業、販売業、行政、エンドユーザー、福祉・介護・医療・工学系学生、一般

展示製品

  1. 福祉機器
    1. (1)移動機器、移動補助製品
      手動車いす、電動車いす、電動三輪・四輪車、自転車、介助車、歩行器、歩行補助車、杖、ストレッチャー等移動器具移乗補助機器、床走行リフト、固定式・据置式リフト、介助・歩行補助ロボット
    2. (2)福祉車両、関連機器
      障害者用自動車運転装置、車いす等用福祉車両、入浴用特殊車両、福祉施設等業務用自動車・エコカー
    3. (3)ベッド用品
      ベッド、マットレス、床ずれ防止製品、サイドテーブル、介護用シーツ
    4. (4)入浴用品
      浴槽、入浴用チェア、滑り止め用品、浴槽台、入浴用リフト
    5. (5)トイレ・おむつ用品
      ポータブルトイレ、便器・便座、防臭剤・消毒剤、おむつ、自動排泄処理装置
    6. (6)衣類・着脱衣補助用品
      衣類、靴、帽子・保護帽、かつら、着脱衣補助具
    7. (7)コミュニケーション・見守り機器
      補聴器、緊急通報・見守り装置、障害者用OA機器、ソフトウェア、操作補助具、障害者用AV機器、拡大読書器、活字  文書読上げ装置、福祉電話、FAX、携帯会話補助器、視覚障害者用誘導システム、コミュニケーション関連ロボット(会話、見守り、認知・反応等機能搭載)
    8. (8)建築・住宅設備
      スロープ、手すり、エレベーター、段差解消機、階段昇降機、バリアフリー住宅の建築・改修
    9. (9)リハビリ・介護予防機器
      歩行等訓練機器、リハビリ用教材・機器、筋力トレーニング機器、身体機能訓練機器、口腔ケア用品
    10. (10)義肢、装具
    11. (11)日常生活支援用品
      自助具、障害者用スポーツ・レクリエーション用品、その他介護関連用品
  2. 介護等食品、調理器具
    食事用具、食器、キッチン、調理器、高齢者・障害者向け食品
  3. 福祉施設環境設備・用品
    施設建築、施設用床材・壁材、自然エネルギー・省エネルギー技術機器、再資源・水浄化処理機器、洗濯機、乾燥機、掃除機、脱臭機、いす、座位保持・立ち上がり補助用品、テーブル、家具、洗面台、火災報知設備、自動消火設備、防災・避難用品、自家発電・蓄電装置、介護職員用衣類
  4. 感染症等予防用品
    空気清浄機、加湿器、消毒機、感染症等予防用品
  5. 在宅・施設サービス経営情報システム
    在宅・施設福祉サービス事業運営に関する財務・経理等のコンピュータシステム、ケアプランシステム、介護保険・障害者福祉サービス関連事務のコンピュータシステム
  6. 出版、福祉機器情報
    福祉・介護・リハビリ・保健関係書籍・教材、情報誌、新聞、放送通信、福祉機器関連webサイト