文字サイズ

出展の概要と申込方法

出展主体及び展示対象 
※2018年10月時点。2019年2月の出展申込受付開始までに変更の可能性があります

  1. (1)出展主体
     本展示会は、次のいずれかに該当すると主催者が認めた法人が出展できます。出展主体の対象外であると主催者が判断をした場合、ならびに特許侵害その他の係争中にあり、第三者に対して損害を与えることが予測される場合は、主催者は出展申込を受け付けない(拒否する)ことがあります。
     なお、施設福祉サービス及び在宅福祉サービス関連(下記(2)参照)の事業者は、本展示会の出展主体ではありません。
    ①福祉機器の製造または販売企業、団体
    ②福祉機器のレンタル関連企業、団体
    ③展示対象のコンピュータソフト等製作企業、団体
    ④出版社、放送通信事業社(新聞、書籍、Web等の媒体による出版または放送による福祉・介護・リハビリ関連情報の提供)
    ⑤公共団体、公益法人
    ⑥福祉団体、研究機関
  2. (2)展示対象
     本展示会は、高齢者及び障害者(児)の日常生活の自立促進のための福祉機器、リハビリテーション機器や介護機器・用品を展示対象としております(開催要項ページの「展示対象」を参照ください)。
     開催要項に記載した製品以外は本展示会の展示対象としておりません。展示予定製品が展示対象に合致しないと主催者が判断した場合は、出展申込を受け付けることができません。
     また、展示できない製品等の会場への持込みはお断りするとともに、会期中に出展社が展示対象以外の物を展示していた場合には、主催者は当該展示物を即時撤去させていただきます(下記内容に関わる表現を小間内の掲示物や当日配布資料に追加することもできません)。
  3. (展示できない製品の例)
    1. ①「一般的な健康維持・増進を目的とした製品」、「一般に『福祉用具・機器』とみなされない製品」
      例:マッサージ器、リラクゼーション機器、健康ふとん、ツボ押し器、健康食品、浄水器、ウォーターサーバー、健康サポーター、美容機器・用品、各種アレルギー対応商品〔ホルムアルデヒド、シックハウス症候群対応等〕、リハビリを主目的としない遊具、生活習慣病対策商品、岩盤浴、足湯等
    2. ②「癒し、治癒等を目的とした製品」等、主催者がその製品の効果の有無を判断できないもの
      例:人形・ぬいぐるみ、アニマルセラピー関連、回想療法関連、音楽療法関連、園芸療法関連、光セラピー、アロマセラピー、ストレス解消商品等
    3. ③「一般的なレクリエーション用品」等、障害者(児)向けの特別な仕様になっていないもの
      例:スポーツ・レクリエーション用品、栽培・養殖・製作用キット等
    4. ④「一般的な日常の消耗品類」等、高齢者・障害者や福祉施設での使用を主目的としないもの
      例:シャンプー、リンス、石鹸、ハンドソープ、スキンクリーム、入浴剤、ヘアブラシ、洗濯用洗剤、除菌ウェットタオル等
    5. ⑤「サービス」に該当し、製品そのものを展示し、来場者がみて、さわって、その場で品質を確認することができないもの
      1. 例:i)施設福祉サービス等関連情報(例:老人ホーム、デイサービス、グループホーム、福祉施設設計サービス事業等とその事業者に関する情報)
      2.   ii)在宅福祉サービス等関連情報(例:ホームヘルプサービス、移送サービス、食事・食品宅配サービス、介護タクシー、マッサージ等とその事業者に関する情報)
      3.   iii)福祉サービス職員人材育成及び求人等に関するサービス
      4.   iv)その他のサービス等(例:通信販売及びそれに付随するサービス、旅行サービス、年金運用等金融商品/生命・損害保険/資産コンサルタント、福祉サービス事業者向けコンサルティング、福祉サービス事業者向けフランチャイズシステム、一般的なリフォームコンサルタント等とその事業者に関する情報。また、福祉事業者向けコンピュータシステムに付随するサービスの機能や、機器を利用しない高齢者等見守りサービスの提供も展示対象外となります。)
    6. ⑥製品安全検査に関する機関・団体(国民生活センター等)等による安全性への指摘があり、当該製品の安全性が確認されていない製品
    7. ⑦一部の機器を除く「医療行為等の機器」
      例:医療行為等の機器全般、赤外線治療、電位・電子治療、磁気治療、指圧、整体代用治療、鍼灸等
    8. 展示対象に該当する「一部の医療行為等の機器」

       福祉施設や在宅介護の現場で通常使用されるもので、特別な資格などを有しない一般の方々の誰もが使用することができる医療機器

申込方法H.C.R. 2018受付終了

      • (1)2017・2016年のご出展社 
      • 「出展要項」添付の「出展申込書」、または、2018年2月1日公開の「Web出展申込ページ」よりお申込ください。
        お手元に書類がない場合には、お手数ですが事務局までお問い合わせください。
      (2)初出展、あるいは2017・2016年に出展していない企業・団体 
    1.  「出展要項・出展申込書請求票」(海外の企業様はこちら)に必要事項を記入した上で、①「会社案内」など会社概要がわかる資料、②展示を予定されている製品の内容がわかるパンフレット、チラシを添えて H.C.R.2018事務局までメール、または郵送してください。
      事務局にて出展主体及び展示対象に該当するか確認させていただき、該当する場合には「出展要項」、「出展申込書」を1月24日(水)以降順次郵送いたします。
        ※「出展要項・出展申込書請求票」では出展申込ならびに小間の確保はできません。

出展料 ※2018年10月時点。2019年2月の出展申込受付開始までに変更の可能性があります

  1. (1) 基礎小間  1小間 324,000円(税込)
    (間口3m×奥行3m×壁高2.7m〔内寸2.93m×2.93m×2.7m〕/装飾高さ制限3.6m)
    基礎小間とは、主催者が統一的にシステムパネルを使用して設置する小間のことです。(下図【基礎小間仕様】参照)

    ※上記料金には、主催者指定書式の社名板1枚、LED灯設置費(40w×2本。電気代含む。)、バックおよび両袖システムパネルの作成・設置費が含まれています(カーペットは含まれません)。

    【基礎小間仕様】
    基礎小間仕様

  2. (2) 独立小間  1小間 313,200円(税込)
    (間口3m×奥行3m/装飾高さ制限:6m)
    独立小間とは、四方が通路かつ更地渡しとなる小間で、6小間以上のお申込です。1辺の長さは、6m以上で3m単位、奥行きは12mまでの設定となります。

    【独立小間仕様】
    独立小間仕様

    ≪合同出展について≫
    基礎小間、独立小間とも、2社以上が小間を共有して出展することができます。(例:A社4小間+B社2小間の合計6小間)。
    詳細はH.C.R.2018事務局までお問い合わせください。