文字サイズ

福祉機器の選び方・使い方

はじめての福祉機器の選び方・使い方

高齢者や障害者が自立した生活を送る上で、福祉機器(用具)は欠かせないものとなっています。利用する方も増え、広く普及してきました。
H.C.R.セミナー「はじめての福祉機器 選び方・使い方セミナー」では、はじめて福祉機器(用具)を利用する方を対象に、利用者にあった機器の選び方のポイント、使用時の注意点、機器(用具)の機能や効果的な使い方など、基本的な情報や知識をご紹介しています。
なお、福祉機器(用具)を選ぶ際には、自らの判断で安易に決めず、専門家に相談しながら、適切な機器(用具)を選択することが重要です。不適切な機器(用具)を使用すると、逆に身体機能が低下する危険性もありますので、ご留意ください。

1. 福祉機器(用具)の利用について

福祉機器(用具)を利用する際の公的支援の概要をまとめています。機器(用具)の利用に向けたはじめの一歩としてご活用ください。
すでに「介護保険制度」(2 ページ参照)を利用されている方は、担当の介護支援専門員(ケアマネージャー)などに相談することができます。
また、障害者手帳の交付を受けている方は「補装具費の支給」(9 ページ参照)や「日常生活用具の給付又は貸与」(11 ページ参照)が受けられる場合がありますので、居住する市町村の障害福祉の窓口に相談することができます。

福祉機器(用具)の利用について(2015年版)[0.60MB]

  • ・福祉機器(用具)の利用にあたって
  • ・福祉機器(用具)の制度面での位置づけについて
  • ・介護保険制度における福祉機器(用具)の利用について
  • ・障害者施策における福祉機器(用具)に利用について

2. 福祉機器選び方・使い方セミナー 副読本(2015年版)

H.C.R.セミナー「はじめての福祉機器 選び方・使い方セミナー」では、講義内容とあわせてお読みいただくことで、さらに福祉機器(用具)の選び方・使い方が理解できる副読本を機器(用具)の種類ごとにまとめています。
会期終了後には、講義動画のアップロードについても準備中です!

※ここに掲載する福祉機器選び方・使い方の図表、イラスト、文章等は著作権法上認められる範囲を超えて、転載等はできません。