文字サイズ

障害児のための「子ども広場」

障害児のための「子ども広場」

障害のある子どもの発育段階において、福祉機器の利用は成長と生活において大きな可能性を拡げるものです。

そこで、H.C.R.では、子ども向けの福祉機器の開発・普及を目的に、「障害児のための『子ども広場』」を会場内に設置して子ども向けの福祉機器を総合展示するとともに、福祉機器の利用や療育についての相談コーナーを設けています。

ここでは、これまで『子ども広場』にて配布した療育や子ども向けの福祉機器などに関するリーフレットをご覧いただくことができます。

療育の基本

子どもたちの充実した日常生活や成長につながる支援など、子どもの療育に関する基本事項をまとめました。

療育 Q&A

子どもの療育に関する基本的なQ&Aをまとめました。

子ども向けの福祉機器とその選び方

子ども向けの福祉機器とその選び方に関する基本事項をまとめました。

福祉機器 Q&A

子どもの福祉機器に関する基本的なQ&Aをまとめました。

子どもの安全入浴ガイドブック

H.C.R. 2013「親子で楽チン!ワクワク!入浴グッズ体験コーナー」で配付したリーフレットです。

肢体不自由のある子どもとそのご家族が安全で快適に入浴ができるように、介助の工夫やお風呂で使える便利な福祉用具などをご紹介します。

住まいの安全対策ガイドブック 知的・発達障害編

H.C.R. 2014「家のなかはキケンがいっぱい!発達障害のある子どもの安全対策ひと工夫コーナー」で配付したリーフレットです。

知的・発達障害のある方々が、在宅生活において、自発的かつ社会的な行動ができるよう、安全を最優先にした、わかりやすい空間づくりに役立つ、カギや柵などの工夫をご紹介します。

住まいの福祉機器ガイドブック 肢体不自由編

H.C.R. 2015「現在も未来も大切です!子どもの住宅改造(肢体不自由・発達障害)相談コーナー」で配布したリーフレットです。

自分でできることを増やすことや親の解除負担の軽減を図ることは、将来にわたってとても大切なことです。段差解消機やリフトなど住まいの福祉機器について、その設置方法や使い方に関するポイントをご紹介します。

医療的ケアが必要な子どもの住まいの工夫

前年の企画から医療的ケアが必要な子どもの住まいの工夫まで解説の領域を広げたH.C.R. 2016「現在も未来も大切です!子どもの住まい(肢体不自由・発達障害)相談コーナー」にて配布するリーフレットです。

近年の新生児医療の発達等により、医療的ケア(たんの吸引や経管栄養、人口呼吸器等)が必要な子どもが急増しています。このパンフレットは、医療的ケアが必要な子どもと家族にとって、少しでも安全で快適な住まいが実現できるよう、基本的なポイントをまとめています。さまざまな医療・福祉サービスと一緒に活用していただければ幸いです。