文字サイズ

高齢者の料理・おいしいレシピ

高齢者の料理・おいしいレシピ

介護保険制度に栄養改善が予防給付として加わり、食事の重要性が再認識されています。

 

日本の栄養学は明治4年にドイツから伝えられましたが、終戦直後の食糧不足により極限まで悪化しました。その時、ララ(アメリカの宗教団体等でつくられたアジア救援公認団体)救援物資が1946年に配給され、多くの国民の命が救われました。

 

時を経て、現代は飽食の時代と言われ、栄養過多が様々な生活習慣病を引き起こすまでに至っています。

 

栄養は不足しても多すぎても健康に影響を及ぼします。特に加齢とともに食事量が減少する高齢者は、低栄養状態になるリスクを有しており、適度な栄養の摂取により病気の予防、健康増進に努める必要があります。

 

しかし、栄養バランスだけ考えるのも良くありません。高齢者にとって食事は大きな楽しみです。食べることによって五感を刺激し、身体機能、生きる意欲の維持が図られます。適切な栄養管理とともに、おいしい楽しい食事の提供によりQOLの向上を目指していく必要があります。

 

H.C.R.では「おいしい、美しい、簡単」をテーマに、高齢者の食事のメニューや料理に役立つ工夫・ポイントを紹介しています。

 

レシピ集

2009~2012年のメニューをすべて収載!

H.C.R.2009からスタートした料理講座「高齢者むけの手軽な日々の食事」。これまでにご紹介したメニュー37品のレシピをすべてこの一冊にまとめました!高齢者ご本人はもとより、ご家族や在宅サービスなどで食事の提供を行っている事業者の皆様など幅広く活用いただける内容です。
さらに詳しい内容や冊子のご注文はこちら!

保健福祉広報協会では、2009~2012年の同講座で紹介したメニューをすべて掲載した「高齢者むけの手軽な日々の食事」を刊行しました。

 

ご購入を希望される方は、本ホームページの「出版物のご案内」からお求めいただけます(1冊:700円<税込、送料別>)。

ご案内・ご注文画面へ

過去のレシピ