文字サイズ

H.C.Rビジュアルデザイン

H.C.R2018 ビジュアルデザイン

型絵染について

型絵染は、古くから日本に伝わる染織技法の一つです。

作品の構想から下絵をつくり、型紙に写して小刀で彫り抜きます。そして、彫った型紙を布または和紙の上にのせ、糊を置きます。

糊が乾いたら染色し、水洗いして糊を落とすと作品が浮かび上がり、完成します。

型彫りによるシャープな線と、糊の粘度のある柔らかさが型絵染の表現の特徴です。

作者プロフィール

伊砂 利彦(いさ としひこ)

型絵染作家

2010

日本文化藝術財団より第一回創造する伝統賞

永眠

2008 伊砂利彦・志村ふくみ二人展(福島県立美術館)
2005

伊砂利彦型染の美(東京国立近代美術館工芸館)

1990

フランス政府より芸術文化勲章シュバリエ賞

1989

京都府文化賞功労賞、京都美術文化賞

沖縄県立芸術大学教授

1988

京都市芸術文化協会賞

1945 京都市立絵画専門学校図案科卒業
1924 京都市中京区に生まれる

前の画面へ戻る